穴場!?茨城県「ひたちなか」が実は魅力満載だった

      2016/05/03

hitachi01

都道府県魅力度ランキングが最下位の茨城県ですが、茨城県には素敵なスポットがたくさんあります。

何を隠そう、私も茨城は自宅から比較的近いので、結構行く機会がありますが、その中でも今回は穴場の「ひたちなか」の魅力を紹介したいと思います。

渋滞なし!?ひたちなか市のアクセス

hitatinaka (1)

水戸市の北、海沿いにあります。後程紹介しますが、海が近いだけあって海産物にとても恵まれています。

高速道路インターもあり、渋滞知らずの抜群のアクセス

image32

実は「ひたちなか市」には2つの高速道路の出入り口があるので、車でのアクセスは良好。

都心からでも所要時間が約1時間30分なので気軽に行けます。

そしてなんといっても、常磐道を通るルートなのですが、この道路はなんと、大型連休などでもほとんど渋滞しないので、快適なドライブを楽しんでください。

電車でも行けます。ひたちなか海浜鉄道という路線になります。



「なかみなと」の魅力的スポット5選

旨い!安い!新鮮!大型の魚市場「那珂湊おさかな市場」

201511211952084a5

所在地:茨城県ひたちなか市湊本町19−8

那珂湊漁港前に11店舗も軒を連ねる「那珂湊おさかな市場」。

私自身も何を隠そうここの常連です!毎年気が向いたらここへ足を運んでいますが、行ってみるとこれが驚き!どのお店もとても活気があって、売り場にいる人たちも陽気な人ばかり!

値段もありえない安さです!!獲れたて新鮮な魚介類がたくさん!!旬なものから珍しい魚まで、ありとあらゆるものが売っています。

閉店間際の昼以降から夕方には、ありえない金額で魚が手に入ることもしばしばありますので、この時間に行くのもお勧めしますよ!

また、場内では食堂も豊富にあります。海鮮丼から、新鮮な回転寿司店など、激ウマなので、那珂湊に行った際は必ず寄ってみてください!


できたて明太子の試食ができる、かねふく直営「めんたいパーク」

CgeVuG1WsAEjYJu

所在地:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3

無料の工場見学から、できたての明太子の試食もできる「めんたいパーク」。

大洗町ですが、ひたちなか市の隣で近いです。

中にはフードコートもあって、明太子グルメが味わえます。明太子ソフトなんていう変わり種のソフトクリームもあって家族でも楽しめます。

もちろんお土産もここでしか手に入らない明太子もありますので、寄る価値ありです!

四季折々の花が満載の「国営ひたち海浜公園」

hitachi01

所在地:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605−4

音楽の祭典ROCK IN JAPAN FESTIVALの開催地でもある「国営ひたち海浜公園」。

四季に合わせた花が満開に咲く絶景スポットとして人気があります。

特におすすめなのが、「モネフィラ」という鮮やかな青い花が一面に咲く時期で、それはもう心が洗われます。

見ごろは5月初旬くらいになります。

また驚きなのはその広さで、なんと東京ドーム13個分の敷地だそうです。

確かに私も行ったとき園内全体はさすがに回れませんでした。・・・というよりは見晴らしの良い丘のスポットがあるんですが、ずっとそこでのんびりして過ごしていました(笑)

サイクリング、バーベキュー、遊園地など、遊ぼうと思えば1日じゃ足りないかもしれません。

https://twitter.com/mayumin_milk/status/723463057918287872

ショッピングも充実「大洗リゾートアウトレット」

Oarai4Or所在地:茨城県東茨城郡大洗町港中央11−2

メンズ・レディスカジュアル、雑貨、スポーツ、アウトドア用品など60店舗以上のショップが集まるアウトレット・モールです。

那珂湊おさかな市場から車ですぐ!

海水浴なら「阿字ヶ浦海水浴場」

sea_017

所在地:茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町166

とても広い砂浜で、茨城でも1・2位を争う人気のビーチ「阿字ヶ浦海水浴場」。

海岸から歩いていける有名な日帰り温泉施設「のぞみ」もあって、泳いだ後、温泉に入るのも良し。

塩化沸泉なので、体がいつまでもほかほかするとてもよい泉質の温泉です。

館内に休憩施設もあって、海で遊んだあとの休憩にはもってこいです。

 - 旅関連